商工会女性部創立50周年式典を開催しました

2020年10月13日

0340.jpg

足寄町商工会女性部(進藤晴子部長、部員48人)の創立50周年記念式典を9月27日、あしょろ銀河ホール21で開催し、約40人が出席しました。

当女性部は1970年(昭和45年)8月、町商工会婦人部として創立。2000年(平成12年)6月には女性部と改称。市街地敬老会、女性の集い開催や全十勝選抜スピードスケート大会の売店運営、各種イベントへの協力などを行い、地域振興の発展や福祉の増進に努めてきました。

進藤部長はあいさつで、今回50周年のスローガン「『守』『繋』『奏』守ろう、つなごう、奏でよう足寄町の未来」を挙げて、「自分たちのお店や事業所を守り次世代に継承していくことが町の明るい未来を創ることと考え、明るく楽しくパワフルに活動していく」と述べました。

丸山勝由町商工会長から「商工会は女性部とともに、女性経営者や働く女性のサポートはもとより、起業する女性へのバックアップを行政などと協力してやっていきたい」とあいさつをいただき、渡辺俊一町長から祝辞をいただきました。歴代部長の榊原深雪さん、久保真知子さんには功労者として表彰状を授与しました。

式典後には、いただきますカンパニー(帯広)代表の井田芙美子さんによる記念講演「女性活躍とコロナ禍での事業について」が開催されました。

LINEで送る